2019.06.15
レッスン

ファスティングなんてゼッタイ無理!!!

ファスティングなんてゼッタイ無理!!!

 

 ファスティングと聞いて、皆さんはどのように感じられるでしょうか?

今回、ファスティングセミナーを開催するにあたって、何人かの方にお話を伺ってみました。

すると、多かった答えは、

「今まで、ご飯を抜いたことがないから、(笑、それもすごい!)断食なんかしたら死んじゃう!!!」

とか

「お腹が空いて、きっと我慢できないから勇気が出ない」

などなど・・・

 話していて気づいたことは、

「今まで、ファスティングをやったことがなくて、効果実感があることがわからないので、

やっていない、やるきっかけがつかめない」

という意見が多いことでした。

なんともったいない!!!!

 逆に、実際にファスティングをしたことがある人で、

「なんらかの効果を感じなかった、なんらかの結果を得られなかった」

という方は、、、、

なんと!!ゼロ!!!人(^o^)(ヨガラボHiro調べ)

全員がなんらかの効果を感じたか、なんらかの結果を得ていました!

 劇的な変化を感じた方も多く、

かく言う私、Hiroも多大なる効果を実感し、

「これは、定期的に継続するしかないな!!」と、

気づいたら、ファスティングコンサルタントの資格まで取っていたのでありました!

ファスティングしてみた感想は??

 

 まずはおそらく皆さんが一番聞きたいであろうことから、、、

「すごくお腹が空いて、辛いんじゃないの~~~??」

結論から言うと、自分の感想は、「思ったほど空腹感はなかった」です。

不思議に思われるかもしれませんが、自分は、初回から

1日目こそ少々空腹を感じたものの2日目からはあまり空腹感はありませんでした。

ファスティング中は水を大量に飲むと言う事もありますが、体が省エネモードになり、

ざっくり言うと、

ファスティングドリンクをこまめに取ることで、最低限のエネルギー(ブドウ糖)が脳に供給され

て、脳が栄養不足を感じない、と言うことだと思われます。

また普段は脳でケトン体をエネルギー源にすることは少ないですが、

ファスティング中は、必要最低限のカロリー摂取となるため、脂肪を燃焼してエネルギーを作り出します。

脂肪を分解して得られるケトン体は脳の栄養として使うことができるため、

脳が栄養不足を感じて、空腹感というメッセージを出しにくくなります。

(この辺りは、またファスティングセミナーで詳しくお話ししますね!)

脂肪を燃焼しながら、空腹感は少ない!なんということでしょう!

 とにかくこういった理由で、

ファスティングは正しく行えば、

皆さんが想像しているよりも、空腹感はずっと少ないんですよ!!

ということを強くアピールしたいと思います!(笑)

 また、自分は初めから3日間のファスティング(準備から復食まで7日から8日)を

行いましたが、最初は1日でも、半日でも構わないです。

半日でも続けることができたら、それは大成功です!

次にもっと長くやってみたくなったら、その時やってみればいいです。

 なにしろ、やらない、知らないのはとてっもったいないと思いますので、

ぜひチャレンジしてほしいと思います!

 ヨガラボの「ファスティングセミナー」ではさらに掘り下げて、

正しいファスティングのやり方、失敗しないファスティングのやり方について、

詳しく、楽しくお話ししていこうと思います。

次回はファスティングをやって感じた効果についてお話ししてみたいと思います。